SiRi BLOG

世界一周に向けた準備をしています。

【虚無】高校時代の体育祭の思い出

 昨日はかぐや様は告らせたいの体育祭回が放送されたが、相変わらず原作を上回る最高のクオリティであった。

 しかし、途中から成長した石上と自分を重ね合わせてしまい、少々辛い気持ちになってしまった。

 

 私の学校にも体育祭があり、応援合戦にも非常に力を入れる風習があった。夏休み明けの体育祭に向けて休み中は基本的に毎日練習があったし、休み明けも夜まで練習があった。その上、闇連と呼ばれる謎の文化があり、近所の公園で夜遅くまで練習を強制された。地獄である。

 

 このように行事に力を入れる学校に通っていたのだが、私は応援団になるわけでもなければ、休み中の練習なんかは殆ど参加した記憶がない。闇連だけは参加していたが、それでも基本的にやる気が無かった。

 当時の私には受験勉強が全てだったので、行事に注力する意義を感じることが出来なかったのである。

 

 そのような姿勢で体育祭に臨んだため、実は殆ど記憶に残っていない。ぼんやりとあるのは、面倒だった記憶だけ。確か全8チーム中で連覇をした記憶があるが、全く嬉しいと思った記憶がない。

 また、練習をサボって誰かに怒られたような記憶もない。他人と衝突するのは面倒なので、ヘイトを集めないレベルには練習に参加をしていた。ただひたすらに、虚無であった。

 

 以上のような暗い体育祭だったが、もし応援団に所属をし、積極的に練習に参加をしていたら人生は変わったのだろうか。

 かぐや様の石上優というキャラクターは、体育祭を通して人間不信が治り、忘れられない思い出を作ることとなる。私も体育祭に本気になっていれば、一度しかない高校生活の思い出を華やかなものに出来たのだろうか。。。

 

 色々考えてしまうが、そもそも受験を優先させたことが間違っていたかなんて、誰にも分からない。第一志望校にも現役合格をしたし、結果的に見れば間違っていなかったような気もする。

 

 一度しかない高校生活を無駄にしたという後ろめたさも、今を楽しむ努力をしていれば特に感じることもない。あの時勉強を優先したからこそ大学や社会人になって面白い人間にたくさん出会えたし、浪人しなかったことで20代の期間を有効活用できでいる。

 

 当時の自分が正しかったことを証明するためには、今を楽しむ努力をすることしか方法がないのである。

 

シリィ

【神回】プリンセスコネクト!Re:Dive 第11話「夕暮れマイホーム~サクサク探索ホットドッグ~ の感想

 プリコネ第11話も神回だった。(予定調和)

 キャラクター達の心情描写がとてつもなく上手で、ラストのシーンは感情移入をして泣きそうになってしまった。

 

f:id:silly1131:20200617202700j:plain

ここ死ぬほど笑った

 

 今週のプリコネは騎士君の成長とキャルの葛藤という、アニメプリコネにおける個人的二大テーマを主題に置いた回であった。

 

 騎士君を心配するコッコロや新キャラ達だったが、騎士君は一人でおつかいが出来るまでに成長。騎士君の成長を素直に喜ぶコッコロからは、真の母性を感じることが出来た。

 

 今週のコッコロさんは母性が凄かったが、服に飛び散ったケチャップを拭いてもらうシーンが最高だった。小っちゃくて照れ屋さんなコッコロのことを勝手に娘認定していたのだが、今週のプリコネを見て何故「コッコロママ」と呼ばれるのかが分かった。

 

f:id:silly1131:20200617203049j:plain

 

 自分の意思で行動をする騎士君と対比させるように、言われるがままに行動をするキャルの葛藤を描いていたのも印象的な回である。(本当に見せ方が上手い!)

 

 しかし、これまでのぺコリーヌたちとの生活により、ついに自分の身の振り方に疑問を抱き始める。初めは騎士君が主人公の話だと思っていたが、やはりこのアニメの主人公はキャルなんだなと感じた回であった。

 

f:id:silly1131:20200617204030j:plain

 

f:id:silly1131:20200617205155j:plain

泣いた

 それにしても、最近のキャルちゃんからは女の子というよりも、猫的な可愛さを感じる。朝早く起こされて不機嫌になるところや、監視役の癖に怠惰にお留守番ばかりするところ、コッコロ達が帰ってきて露骨に喜ぶところなど、完全に猫である。

 

f:id:silly1131:20200617205653j:plain

 

f:id:silly1131:20200617210237j:plain

尻尾ポンポンキャルちゃん好き

 美食殿の三人は正直みんな大好きなので困っていたのだが、「好き」の種類が異なるため浮気にはならないことが判明した。

 私は1作品に推しは一人しか作らない主義のため、ここは重要なのである。

 

ぺコリーヌ:一人の女の子として好き

コッコロ:娘として好き

キャル:可愛い動物として好き

 

f:id:silly1131:20200617210955j:plain

コロ?

f:id:silly1131:20200617211026j:plain

 ちなみに、8話で出てきたみそぎちゃんや、10話で出てきたプリンニシテヤルノちゃんも死ぬほど好きだ。この作品は可愛いもので溢れており、可愛いもの好きの私にとっては天国である。

 

 それでは。

 

f:id:silly1131:20200617211423j:plain

やっぱりキャルが好き

シリィ

【性癖】ビジネスホテルにチェックインをする瞬間が何よりも好きな男

 私はビジネスホテルにチェックインをする瞬間が、何よりも好きである。

 

 私のような子ども部屋おじさんにとって、ビジネスホテルでの宿泊は通常の人間よりも特別な意味を持つ。

 基本的に実家以外では暮らしたことがないため、実家の布団以外で眠ることだけでもテンションが上がる。

 また、普段は家族のいない空間にいることが滅多にないため、ホテルに泊まるたびに初めて一人暮らしをした時のような解放感を味わうことが可能なのだ。

 

 ビジネスホテルに宿泊する際は、非日常を満喫するために服は着ないようにしている。

 そうして、普段はしないようなことを少しだけしてみる。普段は買わないお酒を飲んだり、普段は吸わないタバコを吸ってみたり、普段は読まないマンガをkindleで一気読みしたり、だ。

 こうした非日常の中で、心地よい解放感に包まれながらの睡眠は格別である。

 

 また、ビジネスホテルは朝も最高だ。ビジネスホテル特有のタバコの残り香をかぎながら起床をすると、普段とは違う一日に期待を膨らませることが出来る。

 ビジネスホテルで浴びる朝シャワーも、同様に素晴らしい。ふかふかのバスタオルを超贅沢な使用方法で朝から使うことが出来るし、シャンプーだって使い放題である。シャワーカーテンの外に飛び散らないようシャワーを浴びる行為だけでも楽しい。

 普段は面倒すぎて夏にしか朝は浴びないのだが、ビジネスホテルに宿泊した際は必ず朝にシャワーを浴びて一日をスタートさせている。

 

 

 何故こんな内容を書いたかと言うと、現在アパホテルには2500円から泊まれるためだ。アパホテルはその性質上、場所により客室クオリティの上下が激しいためあまり好きではないのだが、それでも2500円は嬉しい。

 ちなみに私は来週、会社のある大手町近辺で宿泊したいと考えている。朝に歩いて出社をする姿を想像しただけでも気分が高揚してくるし、夜はどこを散歩するかで既に胸が高まっている。

 

 私のようなビジネスホテル愛好家諸君は、是非普段は泊まらない地元のアパホテルを利用してみてはいかがだろうか。

 

シリィ

【自分語り】生きてるってこと証明できなければ 死んでしまっているのと同じなのかなぁ...

 FF9が面白すぎて、昨日のブログ更新をサボってしまった。

 

 FF9はルフィのような名言製造機である。その中でも考えさせられるセリフが、次のセリフだ。

 

「生きてるってこと証明できなければ 死んでしまっているのと同じなのかなぁ...」

 

 黒魔導士の人形であるビビのセリフだが、全ての人間が一度は考えたことのある内容ではないだろうか。今回はこの問いに対する答えについて、壮大な自分語りをしたいと思う。

 

◆受験勉強が人生の全てだった男

 私が生きる意味を考えだしたのは、小学校2年生の頃であった。

 当時の私は本当に暗い人間で、嫌なことがあるとすぐに泣いていた。学校に行きたくなさすぎて毎日泣き、何故自分が生まれたのかについてよく考えていた。

 結局、その当時は答えが出なかった。8歳という年齢は、世界を判断するにはあまりに経験が足らなすぎたのである。

 

 その後の人生では、生きる意味を考えることがなくなった。いや、正確には「生きる理由を与え続けられたため、考える必要がなくなった」か。

 私の母親はとりわけ教育熱心だった。「良い大学に行けば良い生活が手に入るし、良い人生を送れる。」という洗脳を受け続けた結果、生きる理由そのものが受験戦争に勝ち抜くことになっていった。

 受験期は自分について何も考えることがなかった。周囲も褒めてくれるので、勉強さえしていれば良いと考えていた。勉強が出来るということが、私が生きていることの証明であり存在価値であった。

 

 人生について再び考えるようになったのは、受験が終わった瞬間である。普通は大学に受かった瞬間は喜ぶものだと思うが、私の場合はとにかく不安だった。

 受験勉強中は自分の人生が受験と同時に終わると本気で思っていたし、その先の人生を想定していなかった。何のために生き、どうやって生きていることの証明をすれば良いのだろう?楽しみという感情はなく、ただただ不安であった。

 

 大学1年生の頃は、受験勉強に代わるものを求めて、大学生が行うと言われているものに次々と手を出してみた。4つぐらいサークルに入ったし、バイトなんかもしていた。しかし、どれも2年目には辞めてしまった。

 その反動から、その後の人生は生きる意味を探すことをやめた。特に何も打ち込んでこなかったし、他人の目線や評価もどうでもよくなった。好きなことを好きなだけし、嫌いなことは徹底的にやらなかった。

 

◆「生きてるってこと証明できなければ 死んでしまっているのと同じなのかなぁ...」への回答

 長々と自分語りをしたが、このセリフに対して、社会人になった今であれば回答を行うことが出来る。

 回答内容は、作中のあるシーンのセリフそのものである。

 

「人を助けるのに理由が必要か?人が生きるのに理屈が必要か?」

 

 主人公のジタンのセリフだが、まさに私の考え通りだった。

 

 大学2年生以降は周囲の目を気にせず、ひたすら自分の好きなことのみを行った。他人から評価されることもなく、生きている証明など何一つとしてしてない。

 

 しかし、自由に生きる中で、生きていることへの証明なんて不要なことに気が付いた。そんなことをしなくても、充実した人生を送れることが分かったからだ。

 仕事ができなくても、一生結婚をしなくても、みんなから嫌われていても、生きる権利は等しく与えられている。自分の存在を周囲に証明する義務などない。人生に満足しているという感情こそが、生きていることの証明なのだ。

 

 難しく考えず、好きなように生きればよい。生きてるってことは、想像以上に単純なことだから...。そんなことを思いながら、今日もFFをプレイしている。

 

シリィ

【神回】プリンセスコネクト!Re:Dive 第10話 ~ロリとプリンに気をつけろ!!~感想とキャルの可愛いところ

 プリコネ10話も、アニメとしての軸がブレない非常にクオリティの高い回であった。

 

f:id:silly1131:20200609210731j:plain

ペコキャルを信じろ

 というわけで、今週もキャルちゃんの可愛いところをまとめてみた。

 

◆第10話のキャルちゃんまとめ

f:id:silly1131:20200609211002j:plain

 

f:id:silly1131:20200609211106j:plain

 

 か、か、可愛いいいいい!!!!!

 ぬいぐるみと一緒に寝ているキャルはもちろん、この寝室が可愛すぎる。私もぬいぐるみ一匹一匹に名前を付けておしゃべりをするタイプの乙女なので、きっと仲良くなれる。

f:id:silly1131:20200609211332j:plain

今日は誰のどんな夢に入るの?

f:id:silly1131:20200609211458j:plain

駄女神と化したキャル

f:id:silly1131:20200609211539j:plain

 

キャル「きゃるん♪」←とてつもなく好き。

 

 今週のキャルは感情に動きがあった際にピクピクと耳が動くシーンが多く、あまりの可愛さに悶絶不可避であった。

 

f:id:silly1131:20200609211643j:plain

 

f:id:silly1131:20200609211711j:plain

 

f:id:silly1131:20200609211726j:plain

 

 お化けにおびえるキャルちゃんがうるさくて最高だった。

 

f:id:silly1131:20200609212039j:plain

 

f:id:silly1131:20200609212103j:plain

 

 キャルちゃんの顔芸、すこだ!

 

 本当にこのアニメはキャラクターの表情描写に力を入れているし、どのシーンにも作画に一切の手抜きがない。今回もコメディ要素の強い日常回であったが、この作画がキャラクターの可愛さを完全に引き出している要因であると感じた。

 

◆所感

 第10話もキャラクターの魅力が全面に引き出された、理想的な日常回であった。ストーリーのテンポも素晴らしく、オチまで完璧と文句をつけがたい神回である。

 ぺコリーヌと八百屋のシーンは、次回以降の最終回に向けた伏線といったところであろうか。贅沢は言わないのであと100話ぐらいは日常回を続けて欲しかったが、最終回がどのような終わり方をするのかも楽しみである。

 

 第10話を辛口評価で定評のある私が厳しめに点数をつけるとするならば...

 

 99点!

 

 原点理由は、このアニメをあと2回しか見られないことが悲しいから...

 

f:id:silly1131:20200609212950j:plain

やっぱりキャルが好き

シリィ

【ロシア旅番外編】陰キャラがモスクワのストリップバーに行った結果

 なぜかモスクワで宿泊していたホテルにストリップバーが入っていたため、本場の空気を味わいに少しだけ覗きに行ってみることにした。今回は、その際の感想について述べていきたい。

 

◆ストリップバーの感想

 ストリップバーではまずドリンクを注文し、その後は舞台で披露されるストリップショーを見ながらお酒を飲む。ストリップショーとは設置されている棒を使って踊りをし、徐々に服を脱いでいくアレである。テレビで見たことのある風景が広がっており一瞬は感動したが、単調なため5秒ぐらいで飽きた。

 

 当然見ているだけではなく、ショーに出ている女性たちと話すこともできる。また、好みの女性に多くのお金を積むと、別室に案内されスペシャルサービスを受けることも可能である。そのため、男から金を巻き上げるために女性たちは積極的に話しかけに来てくれる。

 

 しかし、互いに英語が上手くないことなどが災いし、これについてもあまり楽しむことが出来なかった。言葉が通じて色々話せたなら有意義な時間になったと思うので、もったいないことをしたと反省している。

(以前東南アジアでも似たような経験があったが、そこでも言語の壁が障害となり楽しめなかった記憶がある。語学力は無くても旅は可能だが、あった方が楽しいということは旅に出るたびに痛感する。)

 

 ちなみに、ストリップショーに出ていたロシア人の女性についてだが、正直あまり印象に残っていない。お店が良くなかっただけの可能性は高いが、日本人が抱いているロシア人女性への幻想は捨てた方が良いかもしれない。

 

◆スーパーお金巻き上げタイム

 飽きたので帰ろうとしていた頃、突然ショーの雰囲気が変わった。これまで舞台にいた女性たちが一斉に降りてきて、男たちにお金をたかりに行きだしたのだ。

 

 お金をたかる際は肌をさらして、これ以上見たいのであればお金をくれということをアピールしてくる。気に入った子がいれば、下着の間にお金を挟めば応えてくれる。北九州のロシアパブも似たようなことをやっていたので、万国共通なのかもしれない。

 

 面白そうだったので、ものは試しで一度お金を出してみた。が、触らせてもくれないし、乳も見せてくれない。どうやらそこまでするには更にお金が必要らしい。

 別にお金を積むほど興味も無かったため無視をしていたが、アピールが激しく断ることがなかなか面倒くさい。いつまでたってもお金巻き上げタイムが終わらないので、チップだと思い適当にお金を払い退場をした。

 

 ストリップバーに来るということは、このお金巻き上げタイムにたくさんお金を落とすことが暗黙のルールだったのかもしれない。日本ですらストリップバーの経験をしたことがない陰キャラが、興味本位で少しだけ覗こうと訪問をしたのは失礼だったのかもしれないと反省をしている。

 

◆まとめ

 結果的にあまり楽しむことが出来ずに終わってしまったが、今思えば良い思い出になっている。旅というものは「非日常」を味わう行為そのものであるが、女遊びというものも陰キャラの私にとっては「非日常」そのものである。非日常と非日常が掛け合わさることで、忘れられない思い出が出来るのだ。

 

 私は日本でこの手の店に行くことには抵抗があるが、旅行先では社会勉強だと思って挑戦をするようにしている。日本のイメージとは異なり、海外のものは観光客向けの場所も多いため、男性諸君にはぜひ挑戦をしてもらいたい。

 

シリィ

【雑記】子ども部屋おじさん(24)の日常

◆子ども部屋おじさんの日常

 

 コンコンッ

 

 母親が部屋をノックする音と同時に、私の一日が始まる。いつも通り7時に起こしてもらい、布団を出る。

 リビングに行くと、既に朝食が机の上にあるので早速食べ始める。通勤中に倒れるレベルの貧血を患っているため、朝食と朝のコーヒーは必需品である。

 

 朝食を食べ終えたら、シャワーを浴びたり朝の身支度を行う。母親によりアイロンがけされたワイシャツに袖を通し、母親により準備されたハンカチを持って、母親に見送られて家を出る。7時に起床をしてから、わずか40分の出来事である。

 

 家事を一切行わないモンスターのような生活を行う反面、通勤時間は少しだけ長めだ。ドアtoドアで1時間15分程度の通勤を終え、スターバックスでドリップのトールを購入してから出社をする。

 

 COVID-19が広まってからは、業務も落ち着いており平和である。周りに人がいるのは苦痛だが、部長の無茶ぶり対応やメール処理を終えるとすぐに定時になるので、案外楽なものである。

 

 どこにも寄らずに真っすぐに家に帰ると、母親の作った夕食が食卓に並べられている。その料理を母親と二人で食べ、リビングについているテレビを母親と一緒に見たりして時間を過ごす。

 

 夕飯を食べ終えたら、子ども部屋に帰還をして趣味の時間を過ごす。アニメを見たり、最近はファイナルファンタジー9をプレイしたりしながら自由な時間を過ごす。そして、ブログの記事を投稿し終え11時半ごろになったタイミングで、明日に備えて就寝をするのだ。。。

 

◆子ども部屋生活のデメリット

 子ども部屋で暮らしていると、自分が社会人になったという感覚がなかなか芽生えない。生活としてはこれまで通っていた学校が会社に変わっただけであるし、自分の稼いだお金で「食べている」という感覚も得ることが出来ない。仕事で稼いだお金も遊ぶためのお金になるため、実質アルバイトと変わらないのだ。

 

 社会人意識が芽生えないと、平気で仕事を辞めることに繋がる。また、周囲の経験するライフイベントからも遠ざかった人生を送ることにもなるだろう。子ども部屋生活を行うことは、学生から社会人への自立を妨げる行為なのだ。

 

◆子ども部屋生活のメリット

 最後に子ども部屋生活のメリットであるが、これは挙げだしたらキリがない。食費を節約できるので貯金もできるし、本来家事をやる時間を趣味や勉強にも回せる。家族が話し相手になってくれるので、寂しくもならない。まさに楽園である。

 

 子ども部屋の脱出予定であるが、当面は考えていない。先ほど挙げたデメリットも、向上心がなく他人の評価を気にしない私にとっては些細な事象である。今後も両親に恩返しをしつつ、世界一周に旅立つときが来るまでは、今の生活を続けることになるだろう。

 

シリィ(24)